独り言

こないだ患者さんから、こういった質問を受けました。
「歯科医院には、どのくらいの化粧をしていけばいいのか?」
僕みたいにイケメンの先生の場合、スッピンで行くのは恥ずかしいのでしょうか?
とても可愛い患者さんです。

それはそうと、最近異性からこういった質問を投げかけられるので、意外にも女性なら誰もが気になる問題のようですね。
確かに女性だから、お化粧をしたい気持ちは分かります。
皆さんが思っているよりかは、口紅やファンデーションなど治療上、特に問題はありません。
が!!!できるだけ歯科医院に来る際は控えて貰えるとありがたいです。
グローブにつくということもありますが、何よりも手が触れて化粧品が落ちてしまうと、逆にこっちが申し訳ない気持ちになるのですから。
いずれにしても、歯科医院に来るのに、厚化粧でいる必要はないですよ。
素顔のままで十分美しいのですから。

また治療中に痛くて痛くて泣き出しそうな顔をしている患者さんがいます。
この泣くという行為、何歳までなら許されるかご存知ですか?
実は我が国の保険制度では5歳までが乳幼児と決められています。
必然的に泣いてもいいのは5歳までと決められているということです。
しかし、よく泣く子は小学校低学年くらいまでですね。
一度私が働いている歯科医院で30代の男性が泣きじゃくっていたことがありましたが、さすがに申し訳なかったですね。
患者さんのためにやっていることが、悪いことをしている気になりました。

毎日おいしいものを、それこそ美味しく食べてみたい。このような願望を持つのは人として当たり前。飯田橋 歯科についての正しい認識が今求められている。

虫歯の治療はやっぱり信頼出来る千葉市 歯科で行いたいですよね。タウン情報などをよくみて、自分とフィーリングが合いそうなところを見つけてみましょう。

色々な症例がある東京の矯正治療であれば、出っ歯やすきっ歯の悩みを解決できます。まずはカウンセリングに行ってみよう。

What's New

2013/02/20
最新記事3を更新。
2012/11/16
最新記事2を更新。
2012/04/09
最新記事を更新。
2011/11/25
通院回数を更新。
2011/11/25
インプラントを更新。
2011/11/25
最新記事を更新。
2011/11/25
ドライマウスを更新。
2011/11/25
顎関節症を更新。
2011/11/25
歯科医院出身が語るを更新。
2011/11/25
ホームページリニューアル
最新記事 | 歯科医院出身が語る 2011年12月05日